グーグル八分

ホームページがグーグル検索エンジンンのデータベースから排除され、検索しても検索結果に表示されない状態のことをいいます。

仲間はずれにすることや、村の掟や秩序を破った人や家族に対し、村民全部が申し合わせ て絶交するもの(Wikipediaより抜粋)という意味で「村八分」という言葉がありますが、それになぞらえてグーグル八分という言葉ができました。

グーグル八分になった人はとにかく焦り、急いでなんとかしようとしますが、実はグーグル八分になっていないという場合が多く、単純に順位が大幅に下落したというケースが多いようです。

いずれにしても順位が大幅に下がるのは嬉しいことではありませんので、そういった挙動がみられたときにはその原因をすぐに調査する必要があります。

今のseoはマスターツールの使い方がカギ

今のseo対策ではマスターツールの使い方がカギとなります。検索システムもどんどんとAI技術の進歩によって、これまでとは違った順位付けというものが行われるようにもなってきています。

これに対応して適切なseo対策をするには、マスターツールを使いこなす必要があるからです。このツールではアクセス解析ではわからないような情報を見つけることが出来るようになります。

サイト上に出来た重大な問題などをサイト運営者に教えてくれたりするので、これを利用して自分のサイトに適切なseo対策を施していくことで、より多くの訪問者を獲得出来るようになります。

seo攻略の鍵はRankBrainにあります

ホームページを作ってもなかなかアクセス数が伸びない。そんなときはseo対策をすることが必要になります。いかに検索結果の上位に表示してもらうのか、これがseo対策というものです。内容がしっかりしているだけではなかなか上位に表示されるのは難しいです。

それで重要になるのがgoogleのRankBrainという機能です。これは検索を手助けする人工知能のことを指しています。この知能の目的は検索したいものの名前が分かっていなくてもそのキーワードにたどり着けるというものです。そのため、自分のホームページの内容を説明する言葉をたくさん組み込むことで上位に表示されやすくなります。

seo対策でRank Brainはどうすれば良いのか

Rank Brainに向けたseo対策は、再度訪問したいとユーザーが思うようなコンテンツを作成し、作成したコンテンツが常に最新の情報を提示できるようにしておくことです。時代の変化に合わせ、読みやすく、理解しやすいようなコンテンツに改善していくことが、Rank Brain対策になります。

コンテンツを作成するときに、利益優先ではなくユーザーが見やすいような、ユーザーの為になるコンテンツを作成することが、一番の対策になりますので、注意しながらサイト運営をすれば、自ずと閲覧順位を上げることができ、多くの人に見てもらうことが出来ます。

seoのアルゴリズムであるRank Brain

Googleやyahooなどの検索エンジンで検索をする場合に、間違ったワードなどで検索をしてしまった経験がありませんか?そうしたキーワードから正しい検索結果を表示させてくれるのが、seoのアルゴリズムの一つであるRank Brainの役割です。

この機能がなかった時には、検索エンジンでの検索も大変だったことが言えますが、最近ではすっかり改善され、快適なインターネット環境を維持できるようになりました。このようなことから、インターネットが飛躍的に日常生活にも取り入れられるようになり、多くの人にとってなくてはならないものになっています。

seoのキーワードについて