大阪のseo社長TOP > seo大阪

目次

  1. seo
  2. webサイトの文章にseoを施す
  3. 今後のseoへの期待
  4. セマンティックウェブとseoの関連性について
  5. seoは分野に関わらずコンテンツ重視
  6. コンテンツseo
  7. RankBrainがseoを変えてしまった
  8. スタートアップ企業に欠かせないseo
  9. seoあるある

seo

検索エンジン最適化(Search Engine Optimization:seo)
少し詳しい人であれば、きっとクローラーの存在について知っている人も多いでしょう。

検索エンジンは人が手動で操作を行っているのではなく、機械が自動的に働いて機能しています。

クローラーは世界のすべてのサイトを訪問して情報を集めています。

そして、収集したデータを保存しておきます。検索する際にはそのデータを活用します。

また、更新頻度が高いサイトは頻繁にやってきます。

seoで早く結果を出すために、更新頻度を高める必要があります。

seoの対策を行う際には、検索エンジンのシステムについても把握しておきたいですね。

なぜ、その様にしないといけないのかという事が分かり、より効果的な対策ができるのではないでしょうか。

seoホームページ制作会社H.I.J 大阪 京都 兵庫はここ。
seo対策はhttp://www.human-intelligence.biz/ 大阪で有名なseo会社

seoはビッグキーワードからスモールキーワードまで。難易度の高いseoもお任せください。

webサイトの文章にseoを施す

もし、webサイト内に掲載する文章を考える必要がある時には、少しseoについて学んでみてはどうでしょうか。

seoというのは検索エンジンにおいて少しでも、順位を良くするために対策する事で、一見するとこのseoとwebサイトの文章とが何の関係があるのかと思う人もいるかもしれませんが、webサイトの文章が検索エンジンの順位と関連性があります。

どんな文章を書けば、検索エンジン対策に効果があるのかという事を、事前に勉強して把握しておけば、よりよいwebサイトに仕上がります。

seoに関するコラム

今後のseoへの期待

seoは現状人工知能が処理していますが、アルゴリズムの改変自体は日々行われています。

そして、この改変を行うのがGoogleのサーチクオリティチームです。このアルゴリズムは複雑で、検索エンジンの順位決定には数百の基準があります。

そのため、これらをいちいち追いかけていても期待がないです。

seoは昔から行われており、当初はアルゴリズムの隙をつくブラックハットのようなものも行われていました。

しかし、現状ではそれらに対する取り締まりは厳しくなっています。これはユーザーの満足度を最大化させるというGoogleの理念のためです。

セマンティックウェブとseoの関連性について

近年、Googleの検索エンジンのアルゴリズムにおいて、人工知能と言われるAIが取り入れられるようになり、それに対応するseo対策を施す必要が増してきています。

そこで、その対策のひとつとなるのが、セマンティックウェブへの取り組みが挙げられてきています。

セマンティックウェブとは、ウェブ上の情報を、単なる文字列の集合として捉えるのではなく、製品や人などもののして認識させようとする取り組みになります。

これにより、自分のサイトもどういったものなのかをより伝えることができて、AIに理解してもらい、seo対策へとつながっていきます。

seoは分野に関わらずコンテンツ重視

今のグーグルのseoはAIがコンテンツの質を判定してサイトの表示ランキングを決定しています。

そして、それはそのサイトがなんの分野であるかということは関係なく、検索者が求めているもっとも有意義なサイトを表示することに徹しています。

アルゴリズムの詳細は公開されていないのですが、グーグルはユーザー満足度の最大化を掲げており、それに沿った形でseoのロジックを改変しています。

今後どのような形でサイトを作成するにしても、グーグルがユーザー満足度いう観点で動く流れはより強まるので、それは頭に置いておいた方が良いです。

コンテンツseo

コンテンツseoという言葉を聞いたことがありますか?これは、検索キーワードを考慮し、いろいろなコンテンツを作成し、複合キーワードにおいて上位表示させやすくするものです。

実際に多くのサイトで行われており、特にホームページ制作会社はこの手法を推薦しております。しかし、それだけだと上位に上がらないものもあるのが現実です。

RankBrainがseoを変えてしまった

昔のseoは、とにかくリンクを増やしておけばいいとか、コンテンツを大量に作っておけば問題ありませんでした。

学習することができなかったためで、RankBrainを作る前は何も学習できず、検索サイトはあまり情報を仕入れることができなかったのです。

しかしseoを行っているのをGoogleも確認するようになり、とにかく駄目なサイトを削りたいと思い、色々なシステムを導入しています。

そこで登場したのがRankBrainで、どんどん学習する検索システムに切り替えました。

この切り替えによって、多くのサイトが影響を受けたのは間違いありません。

スタートアップ企業に欠かせないseo

インターネットの普及によって、さまざまなチャンスが生まれるようになりました。

そうしたなかで若い世代においても、スタートアップ企業として起業する人も増えているようです。

そのような人たちにチャンスをもたらせているのが、インターネットの検索エンジンを司るseoになります。

この仕組みに関してGoogle社が作り出したものになりますが、今やインターネットでは欠かせないものになっています。

スタートアップ企業に限らず、大きな企業においても重要な仕組みになりますので、より良いコンテンツ作を作っていくために必要なことでしょう。

seoあるある

涼:おはようございます。

翔:おはようございます。この前のコンテンツseoの件ですが、かなり勉強しました。

涼:そうか。かなり賢くなったということだね。で、どうしたらいいか分かった?

翔:わかりました。サイトのオーソリティーを上げるってことです。

涼:じゃあ、サイトのオーソリティーを上げるにはどうしたらいいんだよ。

翔:それは・・・・・

涼:実際にはそれがseoの一番の問題なんだ。

翔:そうですよね。簡単にサイトのオーソリティーなって上がりませんもんね。

涼:よくあるのは、サービス内容がTVやニュースで取り上げられてサイトの該当ページにリンクが張られるなんてことだよね。

翔:それってハードル高杉。

涼:そうなんだよ。高杉君なんだよ。もう一つの方法はイベントのスポンサーになることだよ。例えば大きなマラソン大会なんかのね。

翔:あ、そうか。でもこれも費用が結構かかりますよ。

涼:そうなんだよ。サイトのオーソリティーを上げることは簡単でないからgoogleは評価を与えているんだよ。

翔:そうですね。いい勉強になりました。

涼:次はもっとseoの勉強してきてくれよ。

メニュー

TOP seo seo大阪 seo対策 ホームページ制作