商用サイトに行われるSEO対策

個人が趣味で作成したサイトにSEO対策を行うというのは、手間やもしくはコストの面において難しい場合が多いと思います。

せいぜい対策は自分で行う程度で会社に依頼してという事は少ないかと思います。SEO対策は初期費用の他にもランニングコストが定期的に必要になってくる事もあります。

プロが多数在籍している様な会社に頼んでSEO対策をするのはやはり何といっても商用サイトに行う場合が多いでしょう。売上に直結しているECサイトにSEO対策を行う事ももちろんあります。

サイト作りを行うと同時に対策を行う事ができ、早く効果を実感する事ができる様に、SEO対策はサイトを作る時から行っている会社もあります。

seoのアプリ開発にグーグルは力を入れる

seoをアプリと言っているのは広義の意味で、システムという意味合いです。seoの実作業はAIで自動化しているのですが、そのロジックを構築し改変しているのはグーグルのエンジニアたちです。

ひと昔前にはブラックハットseoを行う際と運営者も多く、グーグルのアルゴリズムとのいたちごっこのような面がありました。しかし、最近ではグーグルのアルゴリズムの勝利で、ブラックハットを働くとサイト運営者の意図的かそうでないかに関わらずに一気にランキング外に飛ばされます。それだけストイックにやっているということで、問答無用です。

SEO対策の目的

SEO対策の目的は、特定のキーワードで検索をした場合に、サイトが上位に表示されるようにすることです。

順位が高ければクリックされる可能性も高くなりますから、そのためにSEO対策を行います。

このときには、キーワードを選ぶということも必要となってくるでしょう。また、検索エンジンごとに対策を行うことも必要となってきます。検索エンジンによってアルゴリズムは異なりますから、当然の事ながら表示される順位も異なってきます。

どのサイトで何位までに表示させたいのかを先に把握した上でSEO対策を行うことが必要となります。

RankBrainを対象としたseo対策について

検索サイトで自分のサイトを検索上位に表示させようとする場合、様々な対策を行わなくてはいけません。その中でも重要視されるのがRankBrainと呼ばれるものです。これはグーグルの検索に関する頭脳といえるものです。

例えば、人物を調べようと思った時に名前が分からなくてその人の特徴を入力することがあるかと思います。そんな曖昧な検索でも人物がヒットするのはこのRankBrainのおかげです。seo対策のためにはこの頭脳を攻略する必要があります。そのためにはメインターゲットとなる言葉を入力するのではなく、その内容を説明する言葉を多く盛り込むことが重要になります。

seo対策でRankBrainの対策は必要である。

RankBrainはユーザーが検索したキーワードに対して、どういった情報を欲しているかを学んでから予測し、ユーザーを求めている情報を出している新型のアルゴリズムです。このアルゴリズムは現在大手の検索エンジンに組み込まれています。

従来のアルコリズムと違い正確にユーザーを求める情報を検索し表示してくれます。またseo対策をする上でも重要な要素となってきています。対策としてはホームページ内にメインとなるキーワードとサブとなるキーワードを絶妙に混ぜ込んだコンテンツが有効となってきます。ただしメインキーワードとサブキーワードはしっかりと区別できるようにしておきましょう。